ロッテ 里崎 無敗左腕オセゲラ討ち弾 CS前哨戦に連勝

[ 2013年9月23日 06:00 ]

<ロ・ソ>最後を締めた益田(左)と笑顔でハイタッチする里崎

パ・リーグ ロッテ1―0ソフトバンク

(9月22日 QVCマリン)
 頼れる男だ。0―0の3回1死。ロッテ・里崎が唯一の得点を叩き出す千金の3号ソロを放った。シーズン途中に加入し3戦3勝の左腕オセゲラとの初対決。1ボール1ストライクから、2球目と同じカーブを完璧に捉え、左翼席上段に運んだ。

 「球種も予備知識がない。タイミングだけ合わせようと考えていたら、ドンピシャで合った」。6、7回にも安打し、オセゲラには3打数3安打。守備でも4投手を好リードして1―0完封を演出し、2位を争うソフトバンクとの「CS前哨戦」に連勝し2ゲーム差に広げた。

 今季は右ふくらはぎ痛などで出遅れ開幕2軍。7月にも肋骨骨折で離脱するなど43試合出場にとどまっているが、里崎の経験は強み。「最近は打撃も守備も迷惑をかけていた。嫌なイメージでCSに突入したくなかった」。15年目のベテランが十分すぎる存在感を示した。

 ▼ロッテ・古谷(6回無失点。自身7連勝で8勝目)いつもはピンチで興奮するけど、きょうは落ち着いて投げられたのが良かった。白星が僕に付くのは野手のおかげ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース