森野“お得意様”DeNA戦で先制の2点二塁打

[ 2013年9月21日 18:48 ]

セ・リーグ 中日5―1DeNA

(9月21日 横浜)
 6試合ぶりに2番を担った中日の森野が3回、左中間へ先制の2点二塁打を放った。追い込まれてから粘っての一打に「食らい付いて甘い球がくるのを待った」と満足げだった。

 今季のDeNA戦は打率4割半ばと相性抜群。6回の第3打席でも右翼フェンス直撃の安打を放ち、数字通りの活躍で打線をけん引した。逆転でのクライマックスシリーズ進出に向け「このまま終わるつもりはない」と力を込めた。

 ▽高木監督「勝たなかったらどうしようもない。広島、広島と言っていると横浜に追い抜かされる」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース