駒大の1年・長谷川が4打点「ラッキーボーイ」

[ 2013年9月21日 06:00 ]

<青学大・駒大>4回1死二、三塁から右前2点適時打を放った長谷川(左)

東都大学野球第2週第2日 駒大6―4青学大

(9月20日 神宮)
 8番・DHで先発に抜てきされた駒大の長谷川が、2回1死満塁から右中間へ2点打を放つと、同点の4回1死二、三塁からは決勝の2点右前打。「緊張したが、やってやろうという気持ちだった」と笑みがこぼれた。

 今夏は午前6時すぎから100スイングを自らに課し、オープン戦では代打で6打数3安打。ベンチ入りを勝ち取った1年生の活躍で今季1勝を挙げた西村亮監督は「ラッキーボーイというか、いい働きをしてくれた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース