黒田 6回3失点も5連敗で黒星先行

[ 2013年9月21日 06:00 ]

ブルージェイズ戦の3回、マウンドでコーチと話すヤンキース・黒田

ア・リーグ ヤンキース2―6ブルージェイズ

(9月19日 トロント)
 8月12日を最後に勝利から遠ざかっているヤンキースの黒田が5連敗で12敗目を喫し、黒星が先行した。

 8安打を浴びながら6回3失点と粘ったが、「最後のホームランが一番痛かった」。悔やんだのが、6回2死から9番ゴースに許したソロ本塁打。味方が1点差に詰め寄った直後の被弾に唇をかんだ。「4点、5点と取られてもチームが勝たないと」と、ワイルドカード争いを続けるチームに勝利をもたらすことができなかった。先発を外れたイチローも8回に代打で一ゴロに倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース