“藤浪の控え”立大・沢田圭、中2日でリーグ戦初完投勝利

[ 2013年9月21日 15:45 ]

東京六大学野球1回戦 立大3―1法大

(9月21日 神宮)
 立大の1年生右腕、沢田圭が中2日の登板でリーグ戦初完投勝利を挙げた。9安打されながらも終盤のピンチを切り抜け、8三振を奪った。「疲れはなかった。完投にはこだわっていないし、勝ててよかった」と今季2勝目を淡々と振り返った。

 昨年の甲子園大会で春夏連覇した大阪桐蔭高のエース藤浪(現阪神)の2番手として活躍した。大塚監督は「やはり優勝経験があるし、粘り強い投球をする」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース