イチ 任天堂前社長悼む「ただただ感謝しかない」

[ 2013年9月21日 06:00 ]

ブルージェイズ戦の8回、代打で一ゴロに倒れたヤンキースのイチロー

 昨年7月までマリナーズに所属したヤンキースのイチローが、日本時間19日に85歳で死去した任天堂前社長の山内溥氏を悼んだ。

 マリナーズのオーナーを務めた故人は、00年オフにイチローの獲得に尽力。以来毎オフ、帰国の際に会ってシーズン報告をしていたイチローは「ただただ感謝しかない。小柄な方ですが、物凄い威圧感があった。目をそらしたくなるような強烈な目力だった。昔の日本人の気高さを持っておられるような方だった」などと思い出を語った。日米通算4000安打を達成した際にも、秘書を通じて祝福メッセージをもらったという。また、大リーグのバド・セリグ・コミッショナーも「明確なビジョンを持ったビジネスマンだった」と追悼の意を表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース