マエケン 胴上げ阻止より3位確定に全力

[ 2013年9月21日 06:00 ]

前田健は山内コーチ(左)とキャッチボール

 広島・前田健太投手(25)の“3位確定ローテ”が固まった。21日の巨人戦(東京ドーム)に先発登板した後は今季2度目の中4日で26日の中日戦(ナゴヤドーム)に臨む方針。20日にマツダスタジアムでの指名練習を見守った野村謙二郎監督(47)が明言した。球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出までクリンチナンバー6。エースのフル回転でラストスパートをかける。

 前田健の視線は勝利にだけに向いていた。優勝マジック1とする巨人との対戦。考えたのは「目前での胴上げ阻止」などではない。相手の事情に左右されない、自分たちの目標が手の届くところまで来た。こんな秋はプロ7年目で初めてだ。だから、力を込めた。

 「とにかく勝つことです。大事なところで投げられる。去年できなかったことを今年はみんなでできています。いまは本当にいい状態だと思います。(巨人の)胴上げどうこうじゃなく、自分たちが勝たないといけないですから。勝つことが大事です」

 東京へ旅立つ前、最終調整に努めたマツダスタジアムで野村監督から声をかけられた。「タイトだけど、もうひと踏ん張りしてくれ」。9月2度目の中4日登板が定まった。中5日に間隔を詰めた10日のヤクルト戦(神宮)後に今季初の中4日で15日の巨人戦(マツダスタジアム)に投げた。21日の巨人戦も中5日。「状況次第」(山内投手コーチ)という条件付きだった26日の中日戦にも向かうことになった。

 野村監督は「あれが分岐点になった」と振り返る。関東遠征中だった9日の練習日。悩んだ末に先発4本柱の集中投入を決めた。「選手が本当に頑張ってくれて、いい方へ出た。だから、いまがある。もうしばらくいまのままで行きたい」。優位に立っても手綱を緩めない。一気に中日を突き放した勝負ローテの継続を明言。中核はもちろん前田健だ。期待されるフル回転に「大丈夫です。しっかり調整できています」と頼もしい。

 3位以内が確定するのは最短24日。6連戦中の2度目の登板前に決まる可能性もある。「できるだけ早く決められたらいいですけど、決まったからと言って楽な気持ちで投げるわけではない。下との差を見るのではなく上を見てやっていきたい。厳しいですけど、上に食らいつく気持ちで行きます」。最多勝と最優秀防御率の投手2冠を視界にとらえ、2位浮上の可能性も消えていない。エースのラストスパートが続く。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月21日のニュース