ブルワーズ青木夫人の佐知さん「産休制度」に感謝

[ 2013年6月22日 04:06 ]

青木宣親外野手夫人の佐知さん

 ブルワーズの青木宣親外野手(31)夫人で元テレビ東京アナウンサーの佐知さん(旧姓大竹)が22日、自身のブログで第2子出産を報告した。

 佐知さんは「王子誕生☆」と題して、「アメリカ時間の20日15:22に3585gの元気な男の子にようやく逢うことができました。母子共に健康です」と第2子の写真とともに掲載。

 青木は「父親リスト」と呼ばれる最長3日間の産休制度を利用し出産に立会うことができたものの、「私たちには馴染みがなく、私の中では、遠征中ですし、ましてやシーズン中、出産のことで試合を休んでもらうなんて考えもよらなかったので主人は立ち会えないものと諦め、一人で産む覚悟をしていました」と当初佐知さんは夫の立会いを諦めていたという。

 それでもレネキー監督の後押しにより産休制度を利用し、「おかげで、主人と二人で新しい命の誕生のその時を迎えることができました。監督さん、チーム関係者の方々には感謝の思いでいっぱいです」と喜びをつづった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース