建山ヤンキース移籍 今季レンジャーズでメジャー昇格なし

[ 2013年6月22日 06:00 ]

ヤンキースに移籍することになったレンジャーズ・建山

 レンジャーズ傘下3Aラウンドロックの建山義紀投手(37)が、ヤンキースに移籍することが21日(日本時間同日深夜)、分かった。今後はヤ軍傘下3Aスクラントンでプレーし、イチロー、黒田がいるメジャーへの昇格を目指す。

 建山は日本ハムから10年オフに海外FA(フリーエージェント)権を行使し、レンジャーズに移籍。昨季までのメジャー通算成績は53試合で3勝0敗1セーブ、防御率5・75で、11年にはセットアッパーとしてリーグ優勝に貢献した。今季はマイナー契約の招待選手として、レ軍のキャンプに参加。3月下旬に自由契約となり、条件を見直して再びマイナー契約を結んだが、これまでメジャー昇格の機会はなかった。ラウンドロックでは23試合に投げ、0勝1敗1セーブ、防御率4・24。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月22日のニュース