イチロー4打数1安打1打点 ヤンキース連敗止める

[ 2013年6月22日 11:15 ]

レイズ戦の1回、右前打を放つヤンキースのイチロー

 米大リーグ、ヤンキースのイチローは21日(日本時間22日)、ニューヨークでのレイズ戦に「2番・右翼」で出場、4打数1安打1打点だった。ヤンキースは6―2で勝ち、連敗を2で止めた。

 イチローは初回無死1死から右前打を放ち、一、三塁とチャンスを広げて先制点に貢献。3回の第2打席では1死三塁から投ゴロで打点を挙げた。第3打席は投ゴロ、第4打席は一ゴロに倒れ、打率は2割6分9厘。

 ▼イチローの話(3回、三塁走者を迎え入れた弱い投ゴロは)ヒットを打ちにいっていた。(ブルージェイズ川崎のメジャー初本塁打に)おめでとう。ところであの(合掌)ポーズの意味は何なの?

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース