大場 緊急登板も1年ぶり白星「勝ちにつなげられた」

[ 2013年6月22日 22:49 ]

楽天戦に先発したソフトバンク・大場
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク8―2楽天

(6月22日 Kスタ宮城)
 ソフトバンクの大場は、パディーヤの登板回避で2日前に先発が決まった。緊急登板にもかかわらず、5回を3安打2失点と試合をつくり、昨年6月17日以来の白星を手にした右腕は「チャンスをいただいて、勝ちにつなげられた」とほっとした表情を浮かべた。

 犠飛で1点を失った2回は、その後のピンチで踏ん張った。ただ、5回はボークで失点し、この回で交代。「勝っている展開なのに、相手投手より先に降りてしまった。もっと監督、コーチに信頼されるようになりたい」と話した。

 ▽秋山監督(緊急先発した大場に)「しっかり放ったな。要らない点はあったけど」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース