統一球問題 第三者機関24日にも設置

[ 2013年6月22日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)が統一球を無断変更した問題の経緯や事実関係などを検証する第三者機関(統一球問題に関する検証委員会=仮称)が24日にも設置される。

 12球団から、セ・リーグの鈴木清明理事長(広島球団本部長)とともに人選を一任されたパ・リーグの村山良雄理事長(オリックス球団本部長)が23日、都内のNPB事務局を訪れ「人選は大詰め。週明けにも発表したい」と話した。人数は法曹界を軸に3人となる見込みで、第三者機関による調査結果は7月10日の12球団オーナー会議までに報告される予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース