トーリ氏娘が男児を“ナイスキャッチ”

[ 2013年6月22日 06:00 ]

 ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙(電子版)が20日(日本時間21日)、ヤンキースなどで監督を務めたジョー・トーリ氏(72)の娘クリスティーナさん(44)が、19日の午前中にニューヨーク市内で店先の日よけにぶら下がる子供をキャッチして救出したと報じた。

 子供は1歳の男の子で、命の恩人となったクリスティーナさんは「どうなるか分からなかったけど、やるしかなかった」と話した。現役時代は捕手としてゴールドグラブ賞を獲得したこともあるトーリ氏は「娘の行動を誇りに思う」と“好捕”に喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース