「レオの遼君」林崎プロ初安打で勝ち越し機演出

[ 2013年6月22日 06:00 ]

<西・オ>6回無死、左前打を放つ林崎

パ・リーグ 西武2-0オリックス

(6月21日 西武D)
 「レオの遼君」が勝利に大きく貢献した。入団3年目の西武・林崎が、3回1死一、二塁で中前に「気持ち良かった」というプロ初安打。6回には先頭で左前打を放って勝ち越し機を演出した。

 ヘルマンの中前打で決勝のホームイン。「あの場面は出塁することだけを考えていた」と笑顔で話した。東洋大姫路3年夏の甲子園では、準々決勝で駒大苫小牧・田中(現楽天)から本塁打。巨人・坂本、広島・前田健らと同じ「花の88年組」だ。「もちろん、負けたくないという思いはある」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月22日のニュース