吉川、緊急降板も…鍵谷が好救援!日本ハム、今季初5連勝

[ 2013年6月22日 17:48 ]

2番手で登板し、2勝目を挙げた日本ハム・鍵谷

パ・リーグ 日本ハム4―2ロッテ

(6月22日 QVCマリン)
 日本ハムがアクシデントを乗り越えてロッテを4―2で下し、今季初の5連勝を飾った。

 日本ハムは初回1死一、三塁から中田の三塁ゴロで先制。3回には2死一塁からアブレイユの右中間二塁打でまず1点、さらに中田の中前打で1点を加え、5回には陽の10号ソロで1点と着実に加点して中盤で4点のリードを奪った。

 守っては、先発投手の吉川が3回1死一、二塁、打者・角中にカウント1―1としたところで左ふくらはぎ故障のため緊急降板。急きょ2番手として登板した鍵谷が3回2/3を3安打無失点と好救援を見せたのが大きく、ロッテの反撃も終盤の小刻みな継投で2点に抑えて逃げ切った。

 鍵谷は「思い切って投げることだけを考えた」と攻め続け、「風をいいように利用できたのが大きかった」と課題の変化球を巧みに操った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年6月22日のニュース