日本ハム 暴投でタナボタ決勝点 連敗9でストップ

[ 2013年5月17日 22:22 ]

<D・日>9回2死一、三塁山口(右)は暴投で三走・陽の生還を許す

交流戦 日本ハム6―5DeNA

(5月17日 横浜)
 日本ハムは逆転勝ちで連敗を9で止めた。11年から続くDeNA戦の連勝を8に伸ばした。

 7回を終えて2点差をつけられていたが、8回に中田のソロ本塁打で1点差に。9回はDeNAの守護神・山口を攻め立て、陽岱鋼の適時打で同点。さらに2死一、三塁から、暴投で陽が決勝のホームを踏んだ。

 9回の同点打を含む4安打で2盗塁も決めた陽は「おいしいところで回ってきたと思いました」と9回無死三塁の同点機を笑顔で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース