阿部 不敗神話継続で36連勝!「今年も優勝目指す」

[ 2013年5月17日 21:35 ]

<巨・西>お立ち台で笑顔の阿部(左)と村田

交流戦 巨人7―2西武

(5月17日 東京D)
 この男が打ったら東京ドームでは負けない。巨人が阿部の逆転11号3ランなどで西武に7―2で快勝、貯金も13にふくらんだ。「後ろにロペスもいるんで、つなぐ気持ちだったんですが、思ったより飛んでくれました」と阿部。サラリ言うが、初回に栗山の2ランで先制を許した嫌な雰囲気を一気に変える一発だった。

 交流戦前には18打席連続無安打と調子の上がらなかった阿部だが、2試合連発でようやく復調の兆し。しかも阿部が本拠地弾を放った試合は2010年7月4日以来これで2分けを挟み36連勝。交流戦直前の練習日に「おまえが打たないと勝てない」と阿部に声をかけた原監督も「うちの4番だし、信頼は揺るぐものではない。このところいいところで打ってくれている」と語った。

 4番のバットで、巨人は西武戦の初戦を取った。「交流戦は2試合なので初戦は大事。去年はそれを取っていって勝てたので、今年もやるからには優勝目指して頑張ります」阿部の目は、交流戦の、そしてリーグの連覇を見据えている。

 ▼村田(6回に7号ソロ、守備でも貢献)久しぶりにインサイドをうまく打つことができた。阿部さんが気持ち良く逆転してくれたので、追加点を取るという気持ちで打席に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース