栗山が先制2ラン「打てる球が来たらいこうと思っていた」

[ 2013年5月17日 20:20 ]

交流戦 巨人―西武

(東京D)
 西武の栗山が初回に先制の3号2ランを放った。1死一塁でホールトンの速球を右中間へ運んだ。

 3、4月の月間MVPを受賞するなど、開幕から好調だ。カウントは3ボールだったが、待たずに打って出た。「打てる球が来たらいこうと思っていた。甘めに来たので、思いっきり振った」と納得の一発だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース