昨季新人王・野村プロ初完投で復活 11戦ぶり白星

[ 2013年5月17日 20:54 ]

<広・オ>2回1死、糸井の一塁ゴロでベースカバーにダッシュする広島・野村

交流戦 広島12―1オリックス

(5月17日 呉)
 広島の野村がプロ初完投で今季初勝利。昨年8月22日のDeNA戦以来11試合ぶりの白星を挙げた。

 野村は昨季9勝を挙げ新人王を獲得したものの、夏場からは勝ち星に恵まれず。今季も右肩関節唇損傷で一時は二軍に降格するなどここまで0勝2敗と低迷していたが、ようやく本領を発揮した。

 直球はほとんど130キロ台だったが、緩急をつけた投球で的を絞らせず三振も9個奪った。4回までに11点の大量援護をもらってもリズムを乱すことなく、最後まで投げきった。

 ▼広島・野村監督(野村は)上に上がってきて表情も吹っ切れた。初完投、緩急つけた良い投球をしてくれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース