イチロー 23打席ぶりヒット!「カノが喜んでくれてうれしい」

[ 2013年5月17日 11:39 ]

マリナーズ戦の7回、中前打を放つヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース2―3マリナーズ

(5月16日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは16日、マリナーズ戦に「8番・右翼」で先発出場。7回に23打席ぶりとなる中前打を放つなど、4打数1安打だった。打率は2割3分9厘となった。

 3安打を放った10日のロイヤルズ戦の翌日から、メジャー自己ワースト記録に並ぶ5試合無安打と不振に陥っていたイチロー。この試合で2回は二ゴロ、5回は左飛に倒れていたが、2打席ともバットの芯で捉えていた。

 1―3の7回、先頭で登場したイチローは1ボールから、3番手メディーナの外角低めのツーシームにバットの先で合わせ、中前に弾き返した。続くスチュワートの四球などで2死二、三塁となり、カノの遊撃内野安打でイチローが生還した。

 2―3と1点ビハインドの8回2死二塁の同点機では、マリナーズ5番手キャップスのスライダーにタイミングが合わず空振り三振。チームは2―3で敗れ、連敗となった。

 ▼イチローの話(6試合ぶりの安打に)カノがすごく喜んでくれたのがすごくうれしい。(無安打が続く雰囲気は)毎回一緒です。うっとうしい。その日のことを引きずらないでプレーするのが大事なこと。そういうことに巻き込まれるのは好きではない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース