元レンジャーズ・大塚 6月上旬にBC信濃と正式契約

[ 2013年5月17日 14:24 ]

 今月下旬に予定されていた元レンジャーズ・大塚晶則投手(41)とBCリーグ・信濃グランセローズの正式契約は少々遅れそうだ。米サンディエゴを拠点とする大塚の身辺整理に加え、信濃も28日から6月2日まで米国独立リーグ2球団と交流戦を行うハワイ遠征を控えており、日程の調整が困難となった。

 信濃は既に大塚側からオファー承諾の返答を受けており、会見などの準備も進めている。三沢社長は「(大塚が)信濃に来てくれることは決定して間違いない。正式契約は6月上旬になる」と話した。

 大塚は96年に近鉄に入団し、98年に最優秀救援投手賞を獲得。03年に中日に移籍し、同年12月にポスティング・システム(入札制度)でパドレスと契約、06年から2年間はレンジャーズでプレーした。日米通算176セーブの成績を残しているが、右肘の故障で07年7月を最後にマウンドから遠ざかっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月17日のニュース