中島 9試合ぶりヒットも…左脚痛め交代「肉離れはしていない」

[ 2013年3月27日 10:40 ]

インディアンス戦の10回、犠打で二塁に走る際に左脚を痛め、顔をゆがめるアスレチックス・中島

オープン戦 アスレチックス7―6インディアンス

(3月26日 アリゾナ州グッドイヤー)
 アスレチックスの中島はインディアンス戦で5回から遊撃に入り、2打数1安打だった。内容は遊ゴロ併殺打、一塁強襲安打で、延長10回に代走を送られた。チームは延長10回、7―6で勝った。

 中島は延長10回、9試合ぶりに安打を放ったが直後の走塁で左太腿裏に異常を訴えた。「つったか、筋を違えた感じになった」と二塁ベース上からトレーナーを呼んで交代。本人は「肉離れはしていないと思う。明日は大丈夫です、多分」と軽症を強調したが、メルビン監督は「(今後は)まだ分からない」と顔をしかめていた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月27日のニュース