西武の新人・金子が開幕1軍「評価してもらったのは自信に」

[ 2013年3月27日 18:31 ]

 西武の金子(立命大)がチームの新人でただ一人、開幕1軍に入った。西武ドームでの練習後に「しっかり結果を残して評価してもらったのは自信になる」と素直に喜んだ。

 両打ちのシュアな打撃と俊足でオープン戦は打率2割9分2厘、5盗塁をマークした。登録は内野手ながら、ここ数試合はほぼ経験のない外野手に挑戦。開幕戦は右翼手で先発する見込みだ。「始めた時よりも(守備での)景色が広がっている。いい感じできている」と守備でも器用さを発揮している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月27日のニュース