小川監督「何かの時に」…田中雅は基本捕手、野手起用も示唆

[ 2013年3月27日 06:00 ]

入団会見で角編成部次長(右)に帽子をかぶせてもらうヤクルト・田中雅

 ロッテからトレードで移籍したヤクルト・田中雅が都内の球団事務所で入団会見を行い「(トレードは)最初はびっくりしたけど、今は頑張ろうという気持ち」と意気込んだ。

 背番号は28。昨季は50試合に出場し打率・205。07年から3年間は二、三塁手での出場機会もあり、神宮の練習に参加した田中雅を見守った小川監督は「捕手としてやってもらう。でも(内野手の経験は)何かの時に必要になると思う」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月27日のニュース