ソフトバンク 摂津が2年連続開幕投手に決定

[ 2013年3月27日 20:51 ]

 ソフトバンクの摂津が2年連続で開幕投手を務めることが決まった。

 WBCでは救援で3試合に登板。チームに復帰後、23日の広島とのオープン戦は5回3失点だった。高山投手コーチは「開幕は摂津。WBCとかあったが、本人もその気持ちが強い」と明言。昨年の沢村賞投手に絶対的な信頼を寄せた。

 また、今季の抑えはファルケンボーグに決まった。五十嵐と岩崎を含めた3人で争っていたが、27日に首脳陣が役割を言い渡した。五十嵐は「八回を任せると言われた。いい状態でファルケンボーグにつなげられたら」と淡々と話し、七回を任されることになった岩崎は「どのポジションでも自分の力を出す」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月27日のニュース