常総学院でも止められず…茨城県勢センバツ初戦6連敗

[ 2013年3月27日 06:00 ]

<常総学院・済々黌>あいさつを終え、引き揚げる佐々木監督(左から3人目)や内田(中央)ら常総学院ナイン

第85回センバツ高校野球大会第5日2回戦 常総学院0―2済々黌

(3月26日 甲子園)
 常総学院(茨城)は済々黌の左腕・大竹から9安打も、決定打を欠いて零敗を喫した。

 4番の内田主将は2安打をマークしたが、8回2死二、三塁で空振り三振に倒れ「チャンスで回してくれたのに結果が出なかった。自分のせいで負けたと思っている」と唇をかんだ。昨夏は桐光学園(神奈川)の松井から5点を奪い、レギュラー5人が残る布陣だったが、茨城県勢のセンバツ初戦連敗は6に伸びた。佐々木力監督は「低めを丁寧に突く投球にほんろうされた」と脱帽した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年3月27日のニュース