9回「頭真っ白」も…エース堀田 慣れないリリーフにも動じず

[ 2013年3月27日 12:27 ]

報徳学園戦に2番手で登板した常葉学園菊川・堀田

第85回選抜高校野球2回戦 常葉菊川4―3報徳学園

(3月27日 甲子園)
 常葉学園菊川のエース堀田は「あまり経験がない」というリリーフ登板にも動じず、報徳学園打線を5回から2失点に抑えて試合を締めた。

 2点リードの9回。1死二、三塁のピンチに「頭が真っ白になりかけた」というが、「思い切り投げ込もう」と気を持ち直した。最後は右犠飛からの大きくそれた返球を好カバーし、三本間に挟んだ走者を冷静にアウトにした。

 1回戦で頭部に受けた死球の影響も「全然ない」ときっぱり。終始、落ち着いた様子で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月27日のニュース