試合終了は午前2時すぎ…青木「ずっと野球やっていた感じ」

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<カージナルス・ブルワーズ>9回、左飛に倒れるブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ5―4カージナルス

(9月7日 セントルイス)
 ブルワーズの青木はカージナルス戦で5打数無安打に終わり、連続試合安打が10で止まった。悪天候で試合開始は2時間半遅れの午後9時35分。

 日本時代には経験がない出来事に「集中力を一度切って臨んだ」が、5回に四球を選んだ以外は凡退。同点の7回1死二、三塁の好機では、スクイズを試みたが「内野が前に来ていたのでプレッシャーを感じてしまった」と失敗し、延長12回の守備から退いた。

 試合は13回に主砲ブラウンの38号ソロで勝利。終了したのは日付が替わった午前2時5分で、疲労困ぱい気味の青木は「(球場に)午後3時30分に着いたから、もう11時間近くいる。きょうはずっと野球をやっていたような感じ」と苦笑い。それでも借金を2に減らし「勝った分、気が楽」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース