李大浩のサヨナラ打にオーナー大興奮 CSへ「これから」

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<オ・日>延長10回、オリックス・李大浩はサヨナラ打を放ちガッツポーズ

パ・リーグ オリックス2-1日本ハム

(9月8日 京セラD)
 オリックス・李大浩の中越え打による今季5度目のサヨナラ勝ちを球場で見届けた宮内義彦オーナーが、クライマックスシリーズ(CS)逆転進出へ大号令をかけた。9月の7試合を5勝1敗1分けとしたチームに「まだまだこれから。諦めずにやれるかどうかやからね」とゲキを飛ばした。

 春季キャンプ時からベタ褒めしてきた4番が来日2度目となるサヨナラ打。延長10回劇勝に「なかなか良かったね。大変ということやね、勝つというのは。疲れたよ」と表情は晴れやかだ。

 球団総帥自ら“雑音”も封じた。岡田監督は3年契約の最終年だが、指揮官の今後について話題を振られると「まだそんなことは考えていません。それよりもチームが勝つこと」と目の前の一戦に集中する姿勢を強調した。「ホームランとかよりもチームのために頑張りたい」とは李大浩。反攻の機運が高まってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース