「津田2世」阪神19歳・岩本がプロ初登板初勝利

[ 2012年9月9日 17:41 ]

<中・神>プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に笑顔の阪神・岩本

セ・リーグ 阪神7―0中日

(9月9日 ナゴヤD)
 阪神は2年目の19歳右腕・岩本がプロ初登板で先発、6回2安打無失点で初勝利を挙げ「こんなにうまくいくとは」と、初々しい笑顔で振り返った。山口・南陽工高からドラフト4位で入団した2年目の右腕。かつて広島で活躍した母校の偉大な先輩の名から「津田2世」とも呼ばれている和田監督も「初マウンドでも度胸がいいな」と期待以上の投球を喜んだ。

 打線は1回にマートンの適時打で先制し、3回に4安打で2点を追加。5、8回にも加点した。

 中日は先発の山内が5回途中で9安打4失点と崩れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース