青木 14打席連続無安打「打てない時はこういう感じ」

[ 2012年9月9日 12:19 ]

カージナルス戦の8回、遊ゴロに倒れ、2試合連続の無安打に終わったブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ6―3カージナルス

(9月8日 セントルイス)
 ブルワーズの青木は8日、セントルイスでのカージナルス戦に「1番・右翼」で出場。4打数無安打で、14打席連続ノーヒットとなった。内容は中飛、四球、二ゴロ、一邪飛、遊ゴロで打率は2割8分2厘。チームは6―3で勝った。

 青木は2試合連続で無安打に終わった。「なかなか(打球が)抜けない。打てない時はこういう感じ」と悔しそうに話した。

 1回の中飛はフェンス際まで飛ばし、4回の二ゴロや8回の遊ゴロも鋭い打球だった。「ことしは一年を通じて、惜しい当たりが結構ある。(克服には)自分の力を上げるしかない」と意気込む。チームは2連勝で、10以上あった借金を1にまで減らした。「ここまで来るとは思わなかったけれど、それはみんなの頑張り」とチーム一丸の勝利を強調した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース