平均1・29得点の貧打…ロッテ 今季最悪7連敗

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<ソ・ロ>5回途中でマシス(左)が降板しベンチで渋い表情のロッテ・西村監督

パ・リーグ ロッテ1-3ソフトバンク

(9月8日 ヤフーD)
 ロッテは2点差の9回に2死満塁としたが、今江が三塁ゴロに倒れ万事休す。今季ワーストの7連敗となった。

 打線が連日の1点止まりと精彩を欠き「9回は粘ったが、もっと早くチャンスをつくらないと…」と西村監督。7連敗中の得点は1試合平均1・29点という貧打ぶりだ。先発・マシスも5回途中で3失点KO。来日5試合で1勝4敗だが、11日の日本ハム戦(QVCマリン)から9連戦が控えるだけに「もう1度投げてもらう」と、苦しい台所事情が垣間見えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース