WEEDしらおい 競り勝つ 43歳・別府5回0封

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<WEEDしらおい・マルユウベースボールクラブ湘南>5回無失点と好投したWEEDしらおい・別府

スポニチ後援第37回全日本クラブ野球選手権大会第2日

(9月8日 西武ドーム)
 1回戦残り4試合が行われた。初出場のWEEDしらおい(北海道)がマルユウベースボールクラブ湘南(南関東)に2―1で競り勝ったほか、和歌山箕島球友会(西近畿)、富山ベースボールクラブ(北信越)、全足利クラブ(北関東)が初戦を突破した。9日は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろう。

 WEEDしらおいは43歳の先発・別府が緩急自在の投球で5回を2安打無失点に抑えた。チームを支えるベテラン左腕は社会人時代に都市対抗に7度出場。その経験を買った社新吾監督から声が掛かり、今年3月にオール苫小牧から新加入した。地方予選も防御率1・00と抜群の安定感。「昔に比べて(バットが)金属から木に替わったことでまだやれている」と本人は謙遜したが、指揮官は「まだまだ働いてもらいます」と期待を寄せていた。

 ▽1回戦
マルユウベースボールクラブ湘南(南関東)
 000 000 100─1
 110 000 00X─2
WEEDしらおい(北海道)
 (マ)山田―上野拓
 (W)別府、桐木、田中慎―濱田、中野

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース