日本ハム 首位・西武に“お付き合い” そろってサヨナラ負け

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<オ・日>交代を告げ、ベンチに戻る日本ハム・栗山監督

パ・リーグ 日本ハム1―2オリックス

(9月8日 京セラD)
 日本ハムはまた今季最多の貯金11を逃した。7度目の挑戦も最下位・オリックスに延長10回の末にサヨナラ負け。栗山監督は「貯金11はどうでもいい。こういうゲームを我慢できたらよかったんだけど」と悔しさをにじませた。

 8回1失点と好投した先発・ウルフを打線が援護できないもどかしい展開。結局、3回に陽岱鋼の右前打で挙げた1点だけに終わった。走者を置いた3打席全て内野ゴロに倒れるなど、4打数無安打の中田は「チャンスをつぶした僕の責任」と話した。ただ、首位・西武もサヨナラ負けでゲーム差は1のまま。中田は「これを引きずっちゃいけない」と必死に前を向いた。

 ▼日本ハム・石井(延長10回、李大浩にサヨナラ打)四球を2つも出してしまい、流れを悪くしてしまった自分が悪い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース