“錬さんボール”の成果!慶大・山崎錬 サヨナラ弾

[ 2012年9月9日 06:00 ]

<慶大・立大>9回無死一塁、サヨナラ2ランを放ちガッツポーズの慶大・山崎錬

東京六大学野球第1週第1日 慶大6―4立大

(9月8日 神宮)
 秋季リーグが開幕し、2試合が行われた。第2試合では今春3位の慶大・山崎錬主将(4年)が、同点の9回に自身初のサヨナラ本塁打となる2ランを放ち、立大を6―4で下した。春秋連覇を狙う早大は開幕戦で東大と対戦し、有原航平投手(2年)が7回2安打無失点の好投で勝ち星を挙げ、好スタートを切った。

 主将が自らの一振りで決着をつけた。4―4の9回無死一塁。山崎錬が3球目のフォークに反応した。体勢を崩されながら下半身で粘り、右翼席に運んだ。「打った瞬間に行ったと思った。どの球にも手だけで打たず、粘って捉える練習をしてきた。成果が出た」と興奮気味に振り返った。

 今夏は通常の2倍の重さとなる約300グラムの球を使用し、連日ティー打撃で500球を打ち込んだ。チーム内で「錬さんボール」と呼ばれる重量球で、体全体でスイングすることを意識付けた。2回にも体勢を崩されながら中越え適時二塁打を放つなど4打点を叩き出した。8回には、今秋ドラフト上位候補の右腕・福谷が内野ゴロで全力疾走した際に左足首を負傷し途中交代。同点を呼び込んだ激走に「福谷の分まで」と仲間の思いもバットに乗せた。3季ぶりの優勝へ「個人の成績は何でもいい。とにかく勝つだけ」と鼻息は荒かった。

 ▼慶大・白村(9回に4番手で登板し1回無失点で今季初勝利)点を取られるわけにはいかなかった。勝ち星はラッキーです。

 ▼立大・大塚淳人監督(チームの黒星スタートに)山崎君がよく打ったということ。形にはなっているので、気分を変えて臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月9日のニュース