寺原 右脚に打球受けるも気力で白星!

[ 2012年8月3日 23:17 ]

パ・リーグ オリックス6-3ロッテ

(8月3日 ほっと神戸)
 オリックスの寺原は2回に右脚に打球を受けたが、7回途中まで108球を投げた。7安打でも最少失点と気力が際立つ白星に「粘り強く投げることができた」と充実感を漂わせた。

 故障のエース金子に復帰のめどが立たない今、柱としての働きが求められる。患部に「痛いです」と苦笑いしつつも、次回登板には「大丈夫でしょう」とその自覚をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース