杉内 アクシデントに泣く 打球直撃降板、逆転される

[ 2012年8月3日 06:00 ]

<巨・中>9回無死、大島の打球が巨人・杉内の左すねを直撃

セ・リーグ 巨人2-3中日

(8月2日 東京D)
 8回まで中日打線をわずか2安打、松井佑のソロ本塁打による1点だけに抑えていた巨人・杉内が、9回に左すねに打球が当たる不運もあって、リーグトップタイの11勝目を逃した。

 チームも逆転負けを喫し、「僕がああいう展開にしてしまった。足は大丈夫」と無念の表情。川口投手総合コーチは「打球が当たらなければ最後まで?そうでしょうね」と話していた。

 ▼巨人・山口(9回1死二塁から救援したが、逆転を許し今季初黒星)杉内さんがいい投球をしていたのに申し訳ない。

 ▼巨人・村田(移籍後初の7番降格で3打数無安打)あすは何番か分からないし、4番を打ちに(巨人へ)来たわけじゃない。あす勝てるように仕事をしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース