高橋 3失点「失策をカバーするのが投手の仕事 迷惑をかけた」

[ 2012年8月3日 14:46 ]

レンジャーズ戦の7回途中から登板し、1回1/3を4安打3失点のエンゼルス・高橋

ア・リーグ エンゼルス9―15レンジャーズ

(8月2日 アーリントン)
 エンゼルスの高橋は2日、アーリントンでのレンジャーズ戦に、8―10の7回2死二、三塁から5番手で登板し、1回1/3を4安打3失点(自責点2)、1四球1三振だった。

 左のハミルトンにいきなり2点二塁打を浴び、味方の拙守に足を引っ張られた8回は3安打などで3点を失った。

 「失策をカバーするのが投手の仕事。カバーできなかったのは迷惑をかけた」と振り返る。登板のタイミングがベンチとかみ合わなかったようにも見えたが、高橋は「行けと言われたところに気持ちをしっかりと合わせていった」と淡々と語った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース