谷元 痛恨の満塁弾浴びた「狙われてしまった」

[ 2012年8月3日 06:00 ]

<ロ・日>5回1死満塁からホワイトセルに満塁弾を浴びた日本ハム・谷元

パ・リーグ 日本ハム2-12ロッテ

(8月2日 QVC)
 中継ぎから先発転向2戦目の日本ハム・谷元が5回6失点でKO。救援陣も打ち込まれ、今季ワーストタイとなる12失点で首位攻防戦3連勝を逃した。

 同点の5回1死満塁からホワイトセルに痛恨の一発を浴びた谷元は「前の打席の三振をイメージしたけど、それを狙われてしまった」。5回のピンチであえて続投させた栗山監督は「これから鍵を握る投手。あそこを越えないと、大事な試合でも投げさせられないから」とシーズン終盤を見据えていた。

 ▼日本ハム・モルケン(来日初登板で1イニングを無安打無失点)まずは投げられたことをうれしく思う。強く速い球を投げることができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース