村田7番降格 、6人打順変更も…原監督「まだ途上のチーム」

[ 2012年8月3日 08:09 ]

<巨・中>救援に失敗し、今季初黒星の巨人・山口

セ・リーグ 巨人2-3中日

(8月2日 東京D)
 出場63試合連続で4番だった村田を移籍初の7番に下げるなど、前日から野手6人の打順を変えた打線も結果的に2点止まり。原監督は「まだ途上のチーム。最善策を常に考える必要がある」と説明した。

 勝っていれば、V9時代の66年の29カード連続負け越しなしの球団記録に並ぶところだったが、指揮官は「これからの自信とまでは言わないが、糧の中でそう思えばいい」と切り替えを強調した。

 ≪王手も≫巨人が4月20~22日のヤクルト戦(3連敗)以来、29カードぶりの負け越し。球団記録の29カード連続負け越しなし(66年5~8月)に王手をかけていたが、28カードでストップした。この日は山口が押し出し死球で決勝点を与え敗戦投手。救援投手に黒星がつくのも、前記ヤクルト3連戦で4月22日に福田が喫して以来となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース