堂林「自分が打ってヒーローになろう」と決勝の左前打

[ 2012年8月3日 23:03 ]

8回2死二塁、堂林が左前に勝ち越し打を放つ

セ・リーグ 広島4-3阪神

(8月3日 マツダ)
 8回に追い付き、なお2死二塁。広島の堂林は同点打を放った前打者のエルドレッドと福原の対戦を次打者席で「直球で押してきている」と観察していた。「迷いなく、思い切り狙った」と言うように福原の甘く入った2球目の直球を捉え、決勝の左前打とした。

 そこまでの3打席は無安打で「開き直っていった。自分が打ってヒーローになろう」と気持ちを切り替えた。さらに昨季までは夏場の体重減に苦しんだが、今季は食事の改善で対応したことも生きた。「体重が落ちるとバットが重くなる。同じことを繰り返さないように」と心身の充実ぶりに胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月3日のニュース