日米5球団 中村紀洋 流浪の野球人生 

[ 2011年5月23日 10:03 ]

横浜が獲得を発表した中村紀

横浜 ノリ獲り検討

 【ノリ流浪の野球人生】

 ☆近鉄(92~04年) ドラフト4位で入団。00年に本塁打、打点の2冠に輝く。

 ☆FA騒動(02年オフ) 「中村紀洋というブランドを近鉄で終わらせたくない」とFA宣言。近鉄、阪神、巨人に加えメッツと交渉。メッツ入団の意思を固めて帰国したが、米国での報道が先行したことなどに態度を硬化。近鉄に残留した。

 ☆ドジャース(05年) 04年オフにポスティング・システムを経て、ド軍とマイナー契約。4月にメジャー昇格したが、出場はわずか17試合だった。

 ☆オリックス(06年) 当時の仰木監督の誘いを受け入団。しかし開幕前の肉離れなど故障が続き、オフに自由契約。

 ☆中日(07~08年) テスト生で春季キャンプに参加。育成選手として年俸400万円、背番号205で入団した。開幕直前に支配下選手契約を結び、130試合で打率・293の好成績。日本シリーズではMVP。

 ☆楽天(09~10年) 08年オフに2度目のFA権を行使して楽天に移籍。09年は8月に登録抹消され、そのままシーズン終了。野村監督いわく「ノリは誤算だった」。10年10月1日に戦力外通告。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース