吉見 防御率トップも勝って反省…お立ち台も辞退

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<中・楽>6回、内村を一塁ゴロに打ち取り、ベースカバーにダッシュする吉見

交流戦 中日9-1楽天

(5月22日 ナゴヤD)
 中日先発の吉見が7回1失点で3勝目を挙げ、規定投球回をクリアしたことで防御率1・31でリーグトップに躍り出た。

 自身も初回の2死一、二塁で右前適時打を放つなど2打点の活躍だったが、試合後は反省の言葉ばかりが口をつく。「今日は全然よくなかった。いつ打たれてもおかしくない高さだと思いました」と話し、試合後のお立ち台も辞退した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース