フェル 3戦連発!13球団制覇弾!

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<神・西>6回、先制本塁打を放った西武のフェルナンデス

交流戦 西武2-1阪神

(5月22日 甲子園)
 西武のフェルナンデスが、6回2死から3試合連続の6号ソロを放った。

 低い弾道でバックスクリーンへ運び「打った瞬間は入るとは思わなかった」と振り返った。だが、その直後の守備では2死一、三塁の場面で一塁走者の挟殺プレーで深追いし、失点につながるミスも犯した。交流戦4試合目で2度目の守備だったが、渡辺監督は「あそこはやらなくていい点だった」と反省を促した。

 ≪フェル13球団から本塁打記録≫フェルナンデス(西)が阪神戦で初の本塁打を放ち、現在のセ、パ12球団から本塁打を記録した。12球団制以降、全球団本塁打は20人目。また、フェルナンデスは04年限りで消滅した近鉄からも17本塁打をマーク。現存12球団プラス近鉄の13球団本塁打となると、セギノール(楽)、ズレータ(ロ)、カブレラ(ソ)、谷(巨)、和田(中)、小笠原(巨)に次ぎ7人目。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース