上原7試合ぶりの失点も納得「悪い球なかった」

[ 2011年5月23日 06:00 ]

交流戦 オリオールズ8-3ナショナルズ

(5月21日 ボルティモア)
 オリオールズの上原は6点リードの9回に登板し、先頭に二塁打を許すと、犠飛で1点を失った。

 7試合ぶりの失点にも「点差があったので、全部ストライクを投げた。悪い球は一つもなかった」と納得の表情。昨年のこの時期は右肘を痛めて故障者リスト入りしたが、今年は開幕から順調にきている。「交流戦でも、自分は何も変わらない。いつでも行けるようにしておく」と気持ちを引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース