自家発電機 球場内の冷房で今季初使用!

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<巨・オ>今シーズン初めて使用された発電機

交流戦 巨人1-4オリックス

(5月22日 東京D)
 東京ドームの節電対策のために導入された自家発電機が今季初めて使用された。

 球団広報は「外気温が高く自家発電機2機を使用し、初めて冷暖房機を稼働させている」と説明。最高気温が今年最高の29・6度まで上がったことから、球場内の冷房を入れるために3機導入した自家発電機のうち2機を使用した。この日の東京ドーム全体の電力使用量は約3390キロワット。約4600キロワットとされるピーク時に対する削減率は26%だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース