ロメロ 制球難で3失点、今季2敗目…

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<巨・オ>10回2死二、三塁、オリックス・山崎浩に2点適時打を打たれる巨人のロメロ

交流戦 巨人1-4オリックス

(5月22日 東京D)
 巨人の守護神・ロメロが今季2敗目を喫した。

 同点の延長10回に登板したが、田口に四球を与えるなど制球難で2死二、三塁のピンチを招き、山崎浩、T―岡田に連続適時打を浴びて3失点。21日の日本ハム戦(札幌ドーム)ではリーグ最速の10セーブ目を挙げるなど好調を維持していた右腕は「きょうのことは考えず切り替えていきたい」と必死に前を向いた。

 ▼巨人・グライシンガー(7回1失点)球数が多くなったのは反省だけど、先発として最低限の仕事はできた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース