小林宏“未知の領域”で暗転…決勝点許し2敗目

[ 2011年5月23日 06:00 ]

交流戦 阪神1-2西武

(5月22日 甲子園)
 未知の領域で踏ん張れなかった。4番手でマウンドに上がった阪神の小林宏は、延長10回を無失点で切り抜けると11回も続投し、移籍後初めて2イニング目に突入。先頭の栗山を投ゴロに打ち取ったが、そこから暗転した。

 。中島に左前打を許すと、次打者・中村の4球目にフォークがワンバウンド。自身の暴投に城島の悪送球も絡んで、1死三塁の大ピンチに。中村を遊ゴロに打ち取り、フェルナンデスは敬遠。代打・平尾と勝負に出たが、フルカウントから決勝の左前適時打を許した。

 「歩かせた後は絶対に勝負。(2イニングも)影響はなかった」。平尾には7球連続でストレートを投じ、スライダーをはさんで打たれた9球目もストレート。2敗目を喫した右腕は、「真っすぐで決めにいった」と唇をかみしめていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース