横浜 中村紀洋獲りへ!今月中にもテスト

[ 2011年5月23日 10:00 ]

楽天を戦力外となり、バッティングセンターで打ち込みをする中村紀

 横浜が昨オフに楽天を戦力外となった中村紀洋内野手(37)の獲得を検討していることが22日、分かった。

 球団は通算378本塁打をマークしている長打力を高評価。チームの打撃力アップへ、一塁手としての起用も検討している。早期入団が決まれば6月19日までの交流戦で指名打者で起用される可能性も高い。中村本人も現役続行を強く希望しており、入団が決まれば日米合わせて6球団目の新天地となる。

 かつての長距離砲の力はさびついていない。そう判断した横浜が、中村の獲得へ乗り出した。球団フロントが尾花監督と水面下で意見交換。ブランクがあるためテストを行う可能性もあるが、獲得に向けて動くことで意見が一致。近日中にも入団が決まる見込みだ。

 中村自身も現役続行に強い意欲を持っている。豪快なフルスイングを武器に00年には39本塁打、110打点で2冠王。01年も132打点で2年連続打点王を獲得した。そんな栄光から一転、ドジャースなどを経て06年限りでオリックスを自由契約となると、翌07年2月には中日と年俸400万円、背番号205で育成選手として契約。そこから開幕直前に支配下選手契約を結び、日本シリーズではMVPを獲得するなどはい上がったが、昨年10月、2年間所属した楽天から戦力外通告を受けた。

 さらなる積極補強の一環として目指す大砲獲り。最下位からの浮上へ向け、また横浜が大きな手を打つ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース