守備固めのベテラン山崎浩が決めた!

[ 2011年5月23日 06:00 ]

<巨・オ>10回ショートへ2点適時打を放つオリックスの山崎浩

交流戦 オリックス4-1巨人

(5月22日 東京D)
 途中出場のオリックス・山崎浩が試合を決めた。

 延長10回2死二、三塁で、遊撃・坂本のグラブをはじく勝ち越し打。8回から守備固めで出場したプロ13年目のベテランは「きのうはああいう(形で)試合を落とした。何としても(白星を)取りたい」と意気込んで打席に入った。前夜は抑えの岸田が9回に1点を奪われ黒星。この日も同様に9回に追い付かれた。それだけに価値ある一打に、山崎浩は「交流戦では勢いに乗っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月23日のニュース